運動部

 野球部

 

 野球部は1948年に創部した歴史と伝統のある県内でも有数な高校です。現在部員数は37名で活動し,甲子園出場を目指し日々の練習に励んでいます。

 近年では,2011年度に甲子園出場を果たし,その後も各種大会で上位進出しています。現在の野球部のモットーは「徹底」にこだわること。例えば全力疾走や目線の前での捕球,送球のバックアップ,部内の整理整頓に力を入れています。「徹底」はどこの高校にも負けないくらいこだわりを持ってやっています。

 施設もマシン数台を備えた室内練習場をはじめ,ウエイトトレーニング室,ティバッティング練習用レフトハウス,屋根付きブルペンなど練習環境は整っています。

 ぜひ,この古川工業高校野球部で君たちの青春をかけてみませんか。是非入部をお待ちしております。

 

 

 

 

 

実績

 <全国高等学校野球選手権大会宮城大会>

 ・令和2年度  ベスト8(代替大会)

 ・平成30年度 準優勝

 ・平成27年度 準優勝

 ・平成23年度 優勝(甲子園出場)

 

 <春季東北地区高等学校野球宮城県大会>

 ・平成29年 ベスト4

 

 <秋季東北地区高等学校野球宮城県大会>

 ・平成27年度 ベスト4

 ・令和元年度 ベスト4

 

 

ハンドボール部

 

 みなさんは,ハンドボールという競技を知っていますか?ヨーロッパではサッカーと肩を並べるくらい人気のあるスポーツです。ハンドボールの魅力は,「走る,跳ぶ,投げる」という運動の3要素をすべて満たしているところと言われます。また,身体接触が許されているので,格闘技的な要素も色濃く,闘争心を掻き立てられる競技でもあります。

 現在ハンドボール部は,2年生11名,1年生10名の21名で活動しています。高校入学と同時に始める部員がほとんどなので,普段の練習では,ハンドボールの基礎トレーニングや体力アップのトレーニング,筋力アップのトレーニングなど,体作りをメインに行っています。11月に行われた宮城県高校新人大会では,ベスト8と満足のいく結果ではありませんでした。次の大会ではベスト4以上の結果を目標にチーム一丸となって頑張っています。

 是非,伝統あるハンドボール部へ入部し,ハンドボールという競技を楽しみながら充実した高校生活を送りましょう!

 

 

 

 

 

 

 

バレーボール部

 

 バレーボール部は歴史と伝統のある県内でも有数の強豪校です。

 バレーボール部OBの中には、1984年ロサンゼルス五輪代表の蘇武幸志選手や2021年東京五輪代表の藤井直伸選手など世界的に活躍されている方もいます。

 平成12年の高校総体でインターハイに出場して以降は全国の舞台から遠ざかっておりますが、現在まで必死にバトンをつないできました。

 横断幕にある【息子たちよ、がんばれ】には、たくさんの方々の思いが詰め込まれています。家族、OB、地域の方々、学校関係者など。全ての人の【がんばれ】を力に変えて、日々成長していける部活動です。卒業生の進路先も実に豊富で、地元から県外における企業への就職だけでなく、バレーボールをさらに極めるために関東方面への大学、またはクラブチームを持っている企業へ進んだ実績もあります。ぜひ、興味を持っていただければ幸いです。こころより入部お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

実績

 <高校総体>

 ・令和3年度  第三位

 ・令和元年度  準優勝

 ・平成31年度 第三位

 

 <春高バレー>

 ・令和2年度  第三位

 ・令和元年度  第三位

 ・平成31年度 第三位

 

 <新人戦>

 ・令和元年度  第三位

 ・平成31年度 準優勝

 ・平成30年度 第三位

 

 <県選手権大会>

 ・令和元年度  第三位

 ・平成30年度  第三位

 ・平成29年度 準優勝

 

 

男子バスケットボール部

 

 

 

女子バスケットボール部

 

 女子バスケットボール部は,「県大会ベスト8」を目標に日々練習に励んでいます。

 月曜日が体力トレーニング,火曜日~土曜日は体育館で技術練習、日曜日は基本的には休みです。

 少人数ではありますが,練習では1人一人が常に目的意識を持ち、個人のレベルアップとチームワークの向上を目指しています。

 

 

 

 

 

実績

 <令和3年度>

  ・大崎地区総体 第2位

  ・高校総体 県大会2回戦

  ・高校選手権大会 一次大会2回戦

 

 <令和2年度>

  ・高校選手権大会 一次大会2回戦

  ・大崎地区新人 第4位 ※新型コロナの影響により高校総体,県新人大会は中止

 

 

ソフトテニス部

 

~部員の言葉より~

 テニスは人を創り,心を表す。これは父や監督,仲間と一緒に戦ってきた中で感じたことです。まず,仲間という存在はとても大切であり,勝つためには応援が必要だということ。一年生の頃,古川工業ソフトテニス部の在り方を先輩から教えてもらいました。部員全員で応援して皆で勝ちにいく。ペアには感謝を忘れず,二人で一点を取りにいく。先輩方はそれをどんな場所,どんな戦いだろうと見せてくれました。 

 一点を取ると仲間が喜ぶ,悪い流れがきたら皆で立てなおす。自分が試合をしていても,味方の応援をしていても一緒に熱くなることができる・・・

それが古川工業ソフトテニス部です。

 今年度は男子31名,女子9名の計40名で活動を行っています。男子・女子一緒に日々練習を行っています。男女ともに「県ベスト8以上」を目標としています。チームのスローガンは,“最後まで諦めず粘り強く戦う”ことです!

 古川工業高校ソフトテニス部で“唯一無二”のボールを追い,自らそしてみんなの成長へとつなげてみませんか? 心より入部をお待ちしております。

 

 

 

 

実績

 <高校総体>

  団体戦

  ・令和3年度 男子 1回戦敗退,女子 2回戦敗退

 <新人戦>

  団体戦

  ・令和2年度 男子 1回戦敗退,女子 1回戦敗退

 <大崎地区新人戦>

  団体戦

  ・令和3年度 男子(Aチーム) 第二位,男子(Bチーム) 第三位,女子 第三位

 <仙北新人大会>

  ・令和3年度 1学年の部男子 第一位

  ・令和3年度 1学年の部女子 第三位

 <県北新人大会>

  ・令和3年度 男子(Aチーム) 第二位,男子(Bチーム) 第三位,女子 第三位

  ・令和2年度  男子(Aチーム) 第三位

 

 

陸上競技部

 

 400mR・1600mR・駅伝と繋ぐ競技にとことんこだわってチームづくり・心づくりをしています。県北の地域と連携して、高校生の真剣な活動に全力で取り組んでいるチームです!!

 合い言葉は、「TEAM 古川工業 つなぐ競技にこだわって!!」

 

 

 

 

実績

(過去10年の記録)

 ・東北高校駅伝8回出場 6年連続出場(H24.26.27.28.29.30.31)

 ・1600mR 県2連覇・東北ブロック優勝(H23.24)・北東北・新潟インターハイ出場

 ・400mR 出場 新潟インターハイ(H24)

 ・400m 5位  新潟インターハイ(H24)

 ・400m 出場  大分インターハイ(H25)

 ・5000m 出場 南東北インターハイ(H29)

 ・走幅跳 12位 沖縄インターハイ(H31)

 ・走高跳 4位 茨城国体(H31)

 

(OBの活躍)

 ・都道府県対抗男子駅伝(広島)6回出場(H23.24.28.29.30.31)

  ※OB 東京国際大 鈴木大貴 帝京大 遠藤大地

 ・箱根駅伝4回出場(H28.30.31.R2)

  ※OB 東京国際大 鈴木大貴 帝京大 遠藤大地

 ・ニューイヤー駅伝3回出場

  ※OB YKK富山 鈴木大貴(H30・H31・R2) 

 

 

自転車競技部

 

 自転車競技にはトラック競技(ブレーキなし自転車を使用して競技場内で行う競技)とロード競技(ブレーキあり自転車を使用して一般の公道で行う競技)の2種目があります。

 自転車競技は,競技人口の少なさから県大会を上位の成績で通過し,全国大会への出場できる可能性を多く秘めている部活動です。

 また,部員のほとんどが高校入学と同時に競技を始めるため,自転車競技の未経験者でも大会での活躍が期待できます。男子だけでなく,女子選手も活躍しています。

 学科の特徴を活かして進路先を決定する生徒や,自転車競技で大学進学やプロ(競輪選手養成所)を目指す生徒もいます。本校出身の競輪選手も多数います。

 新たなスポーツに挑戦してみたい生徒,全国大会への出場を果たしたい生徒。

 部員一同,入部を心よりお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

実績(トラック競技)

 インターハイ<全国高校総体>(14年連続出場)

  ・令和2年度  男子ポイントレース 6位入賞

  ・平成30年度 男子スプリント 3位

  ・平成27年度 男子ケイリン 準優勝

  ・平成26年度 女子ケイリン 優勝

 

 東北大会(14年連続出場)

  ・令和3年度  女子2km個人パーシュート 優勝

  ・平成30年度 学校対抗3位・男子スプリント 優勝

  ・平成27年度 男子ケイリン 優勝  他入賞者多数

 

 全国選抜大会(12年連続出場)

  ・平成29年度 男子スプリント 5位入賞

 

 国民体育大会

  ・平成30年度(福井国体)  男子スプリント 準優勝

  ・平成27年度(和歌山国体) 男子ケイリン 優勝

 

実績(ロード競技)

 インターハイ<全国高校総体>(14年連続出場)

  ・令和3年度  女子個人ロードレース 9位入賞

 

 東北大会(14年連続出場)

  ・令和3年度  女子個人ロードレース 優勝

  ・平成24年度 女子個人ロードレース 優勝

  ・平成23年度 女子個人ロードレース 優勝

 

 

ラグビー部

 

 ラグビー部は近年部員不足に悩まされていますが,ここまで部としてのバトンを一生懸命につないできました。

 ラグビーといえば,多くの皆さんは,1チーム15人の屈強な人間同士がタックルに代表される体をぶつけ合ったり,押し合ったりする激しい競技というイメージを持っていると思います。

 それは,あくまでも試合中の一局面です。

 ボールを持てば,強く相手に当たって突破を図るだけではなく,パスやランそしてキックで相手を翻弄するという球技の様々な魅力を持った競技です。

 そして,オリンピックの種目にもある7人制ラグビーにも取り組んでいます。

 7人制ラグビーは,体を当てる局面が少なくボールが大きく動きますので,観戦してもプレイしても楽しい競技です。女性も十分に楽しむことができますよ。

 最後になりますが,部員不足に悩む我が部ですが,各種大会には同じく部員不足に悩む他校と合同チームを結成して各種大会に参加しています。様々な苦労はありますが,様々な学校の選手との交流と協力は大きな財産になります。そのような経験を糧にして,我が校の部員は東北高等学校合同ラグビー大会において,毎回宮城県チームの中心選手として活躍しています。その選手達の中には,実力を高く評価され,全国高等学校ラグビーフットボール大会が行われる大阪近鉄花園ラグビー場で行われる東西対抗戦に東軍代表として選出された者もおります。

 卒業生の進路先も実に多彩です。県内外の民間企業への就職だけでなく,ラグビーの技量を高めるために大学やクラブチームを持っている企業へ進んだ実績もあります。

 活躍の場は,多く用意されています。興味を持っていただければ幸いです。

 こころより入部お待ちしております。

 

 

 

 

 

実績

 <令和2年度>

 ・東北高等学校合同ラグビー大会宮城県選抜(3名選出) 準優勝

 

 <平成30年度>

 ・東北高等学校合同ラグビー大会宮城県選抜(3名選出) 優勝

  ※上記大会に出場した1名は,令和元年度東西対抗戦に東軍代表として選出

 

 <平成28年度>

 ・東北高等学校合同ラグビー大会宮城県選抜(4名選出) 優勝 

 

 

サッカー部

 

 サッカー部では,県大会上位入賞を目指して,日々の練習に取り組んでいます。

 また,部署制を採用しており,技術分析部,フィジカル部,審判部,物品管理部に分かれて,自分たちの活動を自分たちでより充実させる試みを行っています。サッカーの技術の向上だけでなく,人としての魅力を高めることができる部活動だと思います。みなさんの入部を心待ちにしております。

 

●活動日・・・火~金(~18:00),土・日(9:00~12:00)

●令和3年度参加大会・・・県高校総体,選手権大会,大崎市選手権,県新人大会

      ※ 上記以外にプーマカップ,ペナルティーカップなどの大会があります。

●その他・・・岩手遠征,青森遠征,関東遠征(選手権大会見学,技術講習会等)

●部員数・・・令和3年度 3年生:19名,2年生:12名,1年生:8名(計39名)

 

 

 

 

 

 

 

 

卓球部

 

 古川工業卓球部は,東北大会出場を目標に部員全員が日々の練習に励んでいます。県上位の常連であり,近年でも東北大会・全国大会に駒を進めています。

 現在は、3年生4名・2年生11名・1年生10名の計25名で練習をしています。

 「応援されるチーム」をスローガンとし、技術面のみならず、挨拶等の礼儀を重んじ、練習に取り組んでいます。

 女子部員の入部も可能です。

  

 

 

 

 

 

実績

 <令和3年度> 

  ・県総体 ベスト16

  ・県新人大会 学校対抗ベスト8 シングルスベスト16

 

 <令和2年度> 県総体中止

  

 <令和元年度>

  ・東北大会 出場

 

 <平成30年度>

  ・東北大会 出場

 

 <平成29年度>

  ・東北大会 出場

  ・全国選抜 出場

 

 

柔道部

 

 柔道部は、部員間の仲が良く「切磋琢磨」の精神で日々鍛えています。また、男女一緒に活動しており、共に全国大会出場を目指して頑張ります。部訓は「努力は人を裏切らない」です。これまでの先輩達は、努力と感謝を大切とし、大きく成長しています。そして、社会人として大切な「礼儀作法」を身につけています。

 初心者も歓迎します。過去には、高校から柔道を始め、東北大会に出場した選手もいました。

 私たちと共に、高校生活の青春を古川工業柔道部にかけてみましょう!

 

 

 

 

 

 

 

 

実績

(1)団体戦(過去3年間)

 ・令和3年度 男子:県総体第3位, 女子:県総体第3位

 ・令和2年度 男子:県総体第3位, 女子:選手権東北大会第3位

 ・令和元年度 男子:県総体代替大会第3位, 女子:県総体代替大会準優勝

 

(2)個人戦(過去10年間)

 ・全国大会入賞者2名

   北部九州インターハイ48kg級第5位(2013)、和歌山国体少年女子第5位(2015)

 ・東北大会優勝者5名

   48kg級(2014)、48kg級(2015)、52kg級(2016)、66kg級(2018)、60kg級(2019)

 ・県大会優勝者多数 

 

 

剣道部

 

 剣道部では,心技体の充実を図りながら稽古に取り組んでいます。

 覇気のこもった気力で,剣道の技を習得し,健康でたくましい体を鍛えていきます。

  ①活動場所・・・体育館1階 剣道場

  ②活動日・・・月~金(15:30~18:00),土(8:00~12:00)

  ③参加大会・・・大崎地区総体,県高校総体,国体予選,県新人大会,紅花旗,県選手権大会,各地区錬成大会

  ④その他・・・古川工業剣道部OB会との合同稽古,新年初稽古,3年生を送る会

  ⑤部員数・・・令和3年度 3年生:3名,2年生:1名,1年生:3名(計7名)

 日本の伝統文化である正しい剣道を目指して頑張ってみませんか?

 

 

 

 

 

 

 

スキー部

 

 オリンピックに採用されているスキー競技は,アルペン・クロスカントリー・ジャンプ・ノルディック複合・フリースタイル・スノーボードの全部で6種類あります。

 本校では,アルペン競技とクロスカントリー競技に取り組んでいます。これまでインターハイには,70回連続で選手を送り込んでいます。

 経験者は,もちろんですが,新しいことにチャレンジしたい,またウインタースポーツに興味があるという方の入部をお待ちしています。

 

 

 

 

 

実績

 <令和2年度>

  ・県高校総体

   男子 総合優勝(4年連続16回目)

   クロスカントリー男子10kmフリー 優勝

   クロスカントリー男子10kmクラシカル 優勝

   アルペン女子大回転 2位

   アルペン女子回転  2位

  ・インターハイ・東北出場 4名

 

 <令和元年度>

  ・県高校総体

   男子 総合優勝(3年連続15回目)

   クロカントリー男子リレー 優勝(7年連続43回目)

   クロスカントリー男子10kmフリー 2位

   クロスカントリー男子10kmクラシカル 2位

   アルペン男子大回転 2位

   アルペン男子回転  2位

   アルペン女子大回転 3位

   アルペン女子回転  4位

  ・インターハイ・東北出場 7名

  ・国民体育大会出場 6名 

 

 

水泳部

 

 夏季7月~9月は学校のプールでの活動をします。

 夏季以外は、火曜日から金曜日の放課後、週4日間大崎市民プールで活動します。

 土日祝日、8/12~8/17、12/25~1/5の期間は休みとしています。

 入部する生徒は、ほとんどが初級者で、飛び込みもしたことのない生徒たちです。目標は、4泳法をマスターし、県総体の制限タイムをクリアし、エントリーすることです。

 大崎市民プールには、ジムも充実しており筋トレ等も行います。

 6月には古川高校と大崎市民プールを会場とした「仙北大会」の事務局として大会運営をします。