新着
卒業献血について   1月16日(木)に3年生を対象とした卒業献血が行われました。 今年度3学年から,107名という数多くの生徒から協力の希望があり,当日の体調等により77名が実際の献血に協力してくれました。そのうち機械科からは,なんと半数を超える45名の生徒が協力を申し出てくれました。 献血は,健康であれば誰でもできる命のボランティア活動です。血液は人工的に作ることができず,長期保存もできないそうです。近年,若者の献血協力者数が著しく低下している反面,がん治療などに多くの血液が必要とされているようです。3年生は社会人になっても,命のボランティア活動へ協力してくれるものと期待しています。     大会議室で受付を済ませ,血圧測定と問診,順番を待ちます。初めての献血にドキドキしている様子がうかがえます。   その後,検診車へと移動し,予備検査を受けます。   献血が可能となった生徒は,別の検診車へと移動し献血をします。献血量は希望により,200mlまたは400mlです。    今年度の卒業献血では,例年より倍近い多くの生徒が協力してくれました。こころ優しいボランティア精神あふれる3年生です。すばらしいことだと...